第二種再生医療等提供計画番号
PB3170022(脳血管障害治療)
PB3170023(脊髄損傷治療)
PB3170032(変形性膝関節症治療)

細胞加工施設届出番号 FC3170010

03-6228-5025

【診療時間】
平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】
毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

BTR Arts Ginza Clinic

BTR アーツ銀座クリニック

幹細胞治療で未来が変わる
モニター動画公開中
幹細胞治療で未来が変わる
幹細胞治療で未来が変わる
幹細胞治療で未来が変わる
モニター動画公開中
幹細胞治療で未来が変わる
幹細胞治療で未来が変わる

麻痺や痺れ、関節の痛みなどでお悩みの方、望みを捨てず、まずは当院にご相談ください。

医学の進歩に伴い再生医療の時代が来ました。再生医療の重要な役割を果たすのが幹細胞を利用した「幹細胞治療」です。その幹細胞により傷ついた臓器を再生することができるようになりました。なぜ幹細胞治療をおこなうと臓器を再生できるのでしょうか?それは幹細胞が「未分化な細胞」であるからです。

通常の細胞ですと自分と同じ細胞にしか成長できません。血液の細胞は血液に、皮膚の細胞もやはり皮膚にしかなりません(細胞は分裂することで自分のコピーを作り体を維持しています)。さらに老化や損傷があると、細胞の修復能力や再生能力が低下していきます。

しかし「未分化な幹細胞」は、様々な細胞や臓器へ成長し変化することの出来る万能な細胞なのです。通常の細胞自身では修復や再生ができなかった臓器の修復や再生を、幹細胞治療で行うことができ、これまでの治療方法では改善がなかった効果が多数報告されています。そこで、当院の幹細胞治療では、患者様ご自身の幹細胞をごく少量取り出し培養により増殖を行い投与することで、拒絶反応や合併症、倫理的なリスクを極力少なくした安全性の高い再生医療を提供しております。

アーツ銀座クリニック院長 市橋正光

BTRアーツ銀座クリニック
市橋 正光(神戸大学名誉教授)

幹細胞治療で期待できる効果

人間の体には自己修復能力があり、傷んだり、古くなった細胞は修復や再生を行うことができます。
しかし、一度大きく損傷したり老化が進行すると、細胞による自己修復機能が働かなくなることがあります。
事故・病気のあとの「後遺症」と呼ばれる麻痺などがそれに該当し、改善しないものだといわれてきました。
ところが幹細胞を用いた臨床研究では、回復不能と診断された症状が改善する事例が多く報告されております。

動脈硬化血管の修復
毛細血管の再生と血流の改善
サイトカイン、増殖因子放出による細胞活性化
軟骨の再生による関節機能の改善

当院では、脊髄損傷を伴う中枢神経障害、脳梗塞などの脳血管障害、変形性関節症に対しての再生医療「幹細胞治療」が可能です。
麻痺や痺れ、関節の痛みなどでお悩みの方にはまずはカウンセリングをお勧め致します。
専門医師が丁重に症状を確認し幹細胞治療の適正を判断致します(症状によっては幹細胞治療ではなく通常の診察をお勧めする場合もございます)。
また、幹細胞治療には様々な副産物があることが解っており、血管の修複と血流の改善、痛んだ細胞の再生に伴うアンチエイジング効果など、様々な効果が確認されております。

COLUMN/幹細胞治療のすすめ

幹細胞治療に関するコラム

〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館201

03-6228-5025

【営業時間】平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

BTR アーツ銀座クリニック