03-6228-5224

【診療時間】
平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】
毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

日本再生医療学会健康被害保証制度加入医療機関

第二種再生医療等提供計画番号
PB3170022(脳血管障害治療)
PB3170023(脊髄損傷治療)
PB3170032(変形性膝関節症治療)
PB3200020(皮膚の加齢性変化治療)

細胞加工施設届出番号 FC3170010

BTR Arts Ginza Clinic

再生医療・幹細胞治療

BTR アーツ銀座クリニック

治療効果についてexample

治療経過の報告

【症例21】70代 女性 変形性膝関節症 発症10年:投与前、投与1ヶ月後、投与6ヶ月後の比較の記録/全1回


70代女性
疾患:変形性膝関節症
発症:発症約10年
症状:歩行時の痛み、立ち上がりの痛み、運転中の痛み
評価:幹細胞投与前、1ヶ⽉後、6ヶ月後

30年以上バレーボールをしており50代からダンスも行っており、運動の最中に痛みが出てくるようになった。
10年ほど前からは日常生活でも痛みが出てきており、歩行時の痛み、立ち上がりの痛み、運転中の痛みが辛く再生医療を受けられました。

歩行速度を計測するTUGテストでは
通常速度テストにて8.00秒が6.88秒へ、早足でのテストでは7.55秒が5.94秒へそれぞれ改善しました。
運動機能や痛みを評価するWOMACテスト(135満点)では96点から116点へスコアが上昇しました。

長時間歩くと痛みは出るものの、日常生活での痛みはなくなりダンスも継続できているとの事です。定期的にヒアルロン酸注射を行っていたがそれが必要なくなったそうです。
再生医療では軟骨自体の再生が期待出来るため、再び消耗・老化するまで長期的に改善効果が持続することが期待出来ます。

《治療価格》
変形性筆関節症両膝治療:99万円(税込)※モニター制度適用

《起こりうる副作用》
・細胞採取手術に伴い、出血、創部の感染、傷跡やヒキツレなどが起こることがあります。
・症状に合わせて各種検査を受けて頂く事があります。

日本再生医療学会健康被害保証制度加入医療機関

〒105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館201

03−6228−5224

【開局時間】平日 11:00-20:00 / 土・祝日 10:00-19:30
【休診日】毎週日曜日 / 第1、第2火曜日

○休診日カレンダー

休診日
Calendar Loading

〒540-0008 大阪市中央区大手前3丁目1番43号 ホテルプリムローズ大阪(3階)

06−6910−1951

【開局時間】平日 9:00-12:00、13:00-17:00
【休診日】土・日曜日、祝日

BTR アーツ銀座クリニック